ライブ映像からストリーミング、配信、収録、アーカイブへ

映像の活用方法の提案からシステム施工まで、トータルで対応

ライブ?収録?撮影場所は?映像の対象は?
カメラ・映像配信システムは、ライブ・収録の違いや、いつ視聴するのか、対象が特定の方か不特定の方か、などの活用方法や条件により、最適なソリューション内容は変化します。

光和では、例えば収録データを一度に閲覧できるようにするなど、お客様のニーズにそったソリューションを提供いたします。どのような映像を、どのように視聴したいかなど、活用方法を明確にするお手伝いから実際の施工まで、トータルに提案いたします。

お問い合わせください

  • ストリーミング配信したい
  • 建物が違う場所の映像を見たい
  • セミナーや教育映像を収録、アーカイブしたい
  • 緊急対策用の映像システムを構築したい
  • PCの映像とカメラ映像を収録したい

お問い合わせフォーム

関連する納入事例