言葉の壁を乗り越えるために

最大32カ国語まで、用途に合わせた同時通訳システムを提供

言葉の違いは、グローバル化の壁として常に立ちはだかります。そうした問題に対処するため、同時通訳システムは、言葉の壁を乗り越えるためのソリューションのひとつとして、これまでさまざまな形でシステム化されてきました。

光和は、展示館や資料館でのガイドシステムから、国際会議などでの最大32か国語に対応した大規模システムまで、用途に合わせた同時通訳システムを構築可能です。国際会議や海外拠点とのビデオ会議などの際に、言葉の壁を乗り越えた環境をご提供するため、販売・レンタルの両面からお客様をサポートいたします。

お問い合わせください

  • 同時通訳システムの導入したい
  • ビデオ会議室や電話会議システムと同時通訳システムを連動させたい
  • 資料館などでガイドシステムの導入したい

お問い合わせフォーム

関連する納入事例