臨場感で空間をつつむ場を実現する

創業以来の経験と知識で、お客様ごとに効果的な表現方法を提案

公共展示音響システムは、その場にいるような臨場感を来館者に覚えてもらうことができる表現方法です。臨場感を持たせることで、あたかもその場にいるような感覚を抱かせることができるとともに、映像をさらに引き立たせることにも役立ちます。

多チャンネルサラウンドシステム、狙った来館者だけに音を届けることができる超指向性スピーカー、低音を体感できるボディソニックなどを利用した音響システムと、映像システムをうまく組み合わせることで、臨場感を体感してもらえるシステムが構築できます。

光和では、約70年にわたってAVシステムのリーディングカンパニーとして培ってきた経験と知識を生かし、お客様ごとの効果的な表現方法などを提案するとともに、臨場感あふれる音場作りに向けた的確なシステム構築を実施いたします。

お問い合わせください

  • 体感型映像音響システムの導入を検討したい
  • どんなことができるのかイメージできない
  • 検討している展示施設に導入可能なAVシステムを相談したい

お問い合わせフォーム

関連する納入事例